So-net無料ブログ作成
- | 2014年03月 |2014年04月 ブログトップ
前の10件 | -

旬の玉ねぎレシピ [日記]

こんにちは。


頑固親父でも簡単につくれる、今から旬の玉ねぎと油揚げの焼したし

のご紹介です。


材料費は。(4人分)×20円なりです。


玉ねぎ(小)
油揚げ

麺つゆ(3倍濃縮)
砂糖
和風顆粒だし



玉ねぎと油揚げをグリルで焼いて、麺つゆで作った汁に浸す・・・超簡単な料理です
です。


玉ねぎも油揚げもグリルで焼いたので、とても香ばしい香りがします。

油揚げは早く焼けます。 焼けたらすぐに麺つゆに浸してください。

玉ねぎは柔らかくなるまでじっくりと焼き上げて下さい。



僕はケチです。ケチな親父が好んで作る一品です。


面倒くさくなくて簡単に作れてしまいます。


僕の場合は、玉ねぎは自分の畑の家庭菜園から収穫してきます。
やっぱり安心無農薬無化学肥料で作ってあるので、玉ねぎだけでも
甘くて美味しいです。


油揚げは買ってきます。


この頑固親父の玉ねぎレシピは、材料費がかかりません。
節約したいときにはお勧めです。


玉ねぎは、すごくカロリーが少なくダイエットにもいいと思います。



ところで、玉ねぎって、いつごろから日本で栽培されていたんでしょうか



1770年、南蛮船で長崎にやってきたそうです。
当時日本では長ネギが普及していて、当時はあまり
普及はしませんでした。


本格的に玉ねぎが食べられるようになったのは明治時代。

アメリカからつたわてきた種を、北海道で栽培が始まりました。

玉ねぎをたくさん食べるようになったのは、当時関西で流行していた
コレラに玉ねぎが良く利くという話からだそうです。


当時の人々は玉ねぎの薬効には早くから注目していたようです。


家庭菜園は楽しい [日記]

こんばんは、


僕の趣味は家庭菜園です。家の前に訳300坪くらいの広さのところに
えんどう豆、玉ねぎ、ハクサイ、キャベツ、小松菜、春菊、落花生、ジャガイモ
ニンニクなどが所狭しと植え付けられています。


ほとんど手間はかけていません、一見雑草の中に野菜が隠れているというくらい
雑然としていて、野菜だか雑草だかわからない場所もあります。


だけども、できた野菜は非常に甘くてみずみずしくて美味しいです!
農薬は一切使っていません、化学肥料も使っていません!


だから、食べても安心なのです。畑でむしゃむしゃと虫のようにはっぱを
摘まんで食べても何の抵抗もありません。


いつぞやは人参を人参嫌いな妻の御友達に畑から抜いたばかりのものを
直ぐに上げました。


その方は人参が嫌いらしく、ありがとうと言って貰ってくれましたが、明らかに目は
迷惑そうでした、


人は目に直ぐ現れますね、言葉で感謝の言葉を言いつつも目は心を映しています。


明らかにアリガタ迷惑という表情が目が物がっていました。


と言いつつもかえってすぐに料理をして食べたらしく、本物の人参ってこんな味なんだ
美味しい・・・感激した・・・すぐに、美味しかったよ、ありがとう、本物の味って素晴らしいですね!
電話があり、女房も満足。


これだから、人に喜んでもらえるって嬉しくなりますね。
人が喜ぶことは自分に喜ぶことですね。


だから、家庭菜園は楽しい
自分が好きなことをして喜んでいただいて
自分は人が喜ぶ姿を見て感じて幸せになる。


人は幸せになるために生まれてきたのです、幸せの種は
どこにもあります。


これからも家庭菜園を続けて、人に喜んでもらいます。


明日は枝豆の支柱の補強をします、
予想以上に大きくなって最初の補強に使ったものが
折れてしまいました。



レジェンド葛西、盟友稲葉 始球式 レジェンドボール [日記]

こんばんは、
盟友って素晴らしいですね!


ソチ5輪でジャンプラージヒル男子個人選で銀メダル、団体で銅メダル
を取ったリジェンド葛西紀明(北海道上川郡下川町出身、スキージャンプ選手、現在は土屋ホームに所属)
日本ハム・オリックス2回戦で始球式を行った。


栗山監督と親交のあることや、北海道下川町出身ということで
レジェンド葛西の始球式が実現しました。


「LEGEND KASAI 66」のユニホームを着て登場する。
マウンド場では、予告もなくファーストに牽制球を投げて、スタンドを
沸かせると、投球はというと真ん中低めのカーブを投げる。


レジェンド葛西は「最高の舞台でしたが始球式のオファーをもらった
時点でカーブと決めていました」と笑顔で言っていました。


同い年で中の良い葛西と親交のある稲葉が一塁についているのを確認すると
すかさず牽制・・・・稲葉に『紀ちゃん、牽制球を投げるんでしょ』って
バレテマシタ。。。


その後は、葛西命名のカーブ球『レジェンドボール』が決める


レジェンド葛西始球式が実現した陰には、日本ハム稲葉選手がレジェンド
のパワー注入を熱望!開幕2戦目のオリックス戦で始球式を務める
レジェンド葛西が対戦相手に指名した。


稲葉は、『いいですね、そんなことを考えてくれるなんて、嬉しい。
ぜひ、やりたい』同学年で親交の深いメダリスト、レジェンド葛西
との対決が実現。



稲葉は、これを足がかりに復活を覚悟する。



昨季の稲葉は日本ハム移籍後最低の打率2割3厘に終わる結果だった。
引退も覚悟するこの一年、再起を目指して始動した春季キャンプ中の
朗報は稲葉にはまたとない大きな刺激となった。


葛西と稲葉は五輪後に直メールで非公式に始球式を依頼できるほどの中がいい。
互いの勇士を見守ろうと思っていた所で始球式が実現する。


稲葉はレジェンド葛西のメダルも見たいね、マウンドでメダルを見せびらかして
、これもありと思いますよ。稲葉は心強い盟友とともに20年目を
スタートさせました。

高校野球 智弁破った佐野日大 あっぱれ! [日記]

こんばんは、僕は野球好き。
特に今時期は高校野球は目が離せない。


今日も胸熱くなる一戦がありました、特に延長サヨナラ勝ちで智弁高校を破り
ベスト8入りを果たした佐野日大高校

この両校の一戦は胸が熱くなりましたね。


智弁破った佐野日大はこんな高校

春の選抜高校野球大会7日目、3試合目佐野日大高校が奈良の智弁学園に
かちました、それも延長10回5:4でサヨナラ勝ち、選抜で初のベスト8入り。



智弁高校が敗れましたね、相手は佐野日大がサヨナラ勝ち
サヨナラ勝ちした佐野日大はベスト8入り。


強豪破った佐野日大はこんな学校で評価を纏めてみました。


佐野日大高校は栃木県佐野市にあり日本大学準付属の私立高等学校です。
校訓は自主創造・文武両道・子弟同行を掲げ「人づくりの佐野日大」を
モットーにしています。


部活動は体育系・文科系双方で、全国レベルの部活動が多い。
野球部は1997年と1998年の2年連続果たしており、プロ野球選手も輩出しています。


全国高校駅伝10位の成績、ゴルフ部、陸上競技部、Jリーガーを輩出している
サッカー部、全国選抜経験のあるテニス部など全国レベルの部活動が多い。


この学校の一番のお気に入りは先生方の質の高さです。ただ知識が豊富な
だけではなく、教え方が非常に上手く教育熱心で面倒見のいい先生が多いです。
今は少なくなった熱血先生が多い印象です。



生徒から見ればこんな大人になりたいといわれる先生方が多ん学校です。


一般・特進・スポーツ・中高一貫と学科は豊富にあります。



校則は普通に厳しいです。抜き打ち服装チェックがが定期的に行われ
服装違反が見つかってしまった生徒にはペナルティーが科せられるそうです。



生徒の学習意欲は素晴らしく高く、しかも教室の直ぐ傍には自習室があり
なんとその隣の部屋が職員室になっているますね。


学校全体として部活動に熱心で活発に行われています。
特にサッカーや剣道が特に強いと聞きました。運動部のものにはすごく恵まれた
学校です。



今回野球部が智弁を破って8強入りをやってのけたんだから凄い学校だね。


今世間で騒がれている、いじめについては表立た大きな問題は聞いたことが
ありません。人が集まれば当然起こるであろう衝突位のものでしょう。


奨学金制度はあり、お金かけて学ぶ大価値ありの学校です。

ジャイアンツの設立と子供のころ [日記]

こんばんは、

野球会のダントツ一位は、読売ジャイアンツですね。
読売ジャイアンツは1934年12月26日に日本初のプロ野球球団として
【大日本東京野球倶楽部】として設立、これは読売ジャイアンツの前身ですね。


日本に現存する12球団の中でも、一番歴史が長いプロの野球球団です。
1934年大日本東京野球倶楽部として発足し、1935年に東京巨人軍と名乗り
1947年から現在まで読売ジャイアンツとして親しまれています。


本拠地は東京ドームは東京都文京区にあります。


ジャイアンツの永久欠番は誰もが知る(1番:王貞治)(3番:長嶋茂雄)(4番:黒沢俊夫)
(14番:沢村栄治)(16番:川上哲治)(34番:金田正一)


2012年にアジアチャンピオン獲得  日本一が22回  リーグ優勝44回  セパ交流戦優勝1回
日本シリーズ出場34回のうち22回も優勝しています。


僕らの年代の小学校時代は、巨人、大鵬、卵焼き  巨人と大相撲力士の大鵬関を抜いて語れません。
野球をして遊ぶときには俺は今日は3番長嶋をする、じゃ俺は1番王をする、王選手1本足打法をまねて
野球をして遊んでいました。長嶋か王か、誰が王をするか誰か長嶋をまねるか子供の遊びの中で奪い合いです。




特に僕が青春時代まで過ごした北海道はジャイアンツの応援する人が他の球団より圧倒的に多かった
ですね。



野球中継も読売ジャイアンツしかしてなかったです。ですので、他の球団の情報が全く分からなかった
です。社会人になってから、いろんな他の球団の存在を知り、王や長嶋以外にもいろんな有名な選手が
いて、僕の野球を見る目も広くなっていったんですよ。


阪神の掛布とか新庄とか・・・・全然知りませんでした。
早く言えば田舎だからテレビの普及も遅れていましたし情報が回ってこなかったんですよ。


今の時代はすごいですね、どんな片田舎にいても情報を得ることができます。
僕らの少年時代からいうと、考えられない!

野球シーズンが始まります。 [日記]

こんばんは。

今日朝方よく雨が降っていますね、ウォーキングに行こうと
玄関の前まで出たけれど、雨の降りが強いので引き返してきて
家の中の階段をのぼりおりを繰り返して今日の運動としました。

だけども人間は鍛えれば鍛えるほど強くなるものらしいですね。


今年もあと数日で野球のシーズンが始まりますね、あなたはどこの
チームを応援してるんですか。

僕はソフトバンクか楽天か横浜か・・・
どこが勝ってもいいんです。プロらしく日本中を沸かしてくれる勇気を
与えてくれる感動をいただきたい。

30億の大型補強をしたソフトバンクがどこまでぶっちぎりで行くのか
楽しみですね。

超大物ルーキーがどこまで勝ち星を重ねるのかがすっごい楽しみです。


僕は野球は音痴ですが見るのは大好きです。


僕は北海道出身ですが、同じ北海道出身の駒大苫小牧出の田中選手の
今はダイリーガー選手ですが同じ故郷で嬉しくなりますね。

このマー君ですが、やっぱり同郷の人間が活躍しているのは胸が熱くなります。


まだ25歳これからの人間、野球人として松井(ゴジラ)に負けない活躍をして
もらいたいです。


マー君同様に頑張っている、イチロー・ダルビッシュ・黒田・川崎・松阪・川崎


今年の一年日本の野球もアメリカの野球も目が離せないです。

川の流れに身を任せ! [日記]

川の流れに身を任せ



今日は家庭菜園の畑に余った種を撒きました。結構な種が余っていて僕たち夫婦が
食べるには十分です。

20日大根・ホウレンソウ・春菊・小松菜を撒いて水撒いては今日の家庭菜園は御終い。


人生川の流れに身を任せているととても楽です。川の中に船を浮かべているだけです。
浮かべているだけで、左右の景色を楽しみ、風を感じながらゆったりと流れていく。

この流れをあれこれ変えようとせえず「お任せ」することにしました、すると今まで
見えなかったものまで、見えてきます。

ほんわか温かい空気がただよってきます。お任せしてしまうと、生き方がとてもしなやかに
なるようで、周りの人から見ればとても、いろんなことを頼みたくなるようです。

頼まれごとを引き受けるとか、生まれたことの意味というか、喜びかもしれません。
あちらに動かされ、こちらで楽しい人々と出会いが身を任せているとあります。

流れを素直に受け入れれば受け入れるほどに心安らかになるようです。
周りの方が持ち込んでくることを素直に何も考えずにただやっていけばいい。

こうなると、自分で努力目標を立ててやっていたころよりも悩んだり苦しんだり迷ったり
することが少なくなります。精神的なストレスがなくなりいつも元気でいられます。

風に流され、従う。こういう生き方を風流な人といいます。

風流な人でいることは人生の喜びを素直に深く感じれる生き方ではないかと思います。

まだ、60歳です。 [日記]

おはようございます。

今日のウォーキング、いつもより中国からの黄砂がが強く煙の中にいるようです、
これでもウォーキングできるのだから、丈夫な体で生んでくれた親に感謝いたします。

ウォーキングしていると毎回顔ブレに出会います。
この人は内を考えて歩いているんだろうか、あの人は今日の朝食のことを考えて歩いている
んだろうか。

僕はといえば、こんなことを考えています。


まだ60歳ともう60歳


僕は60還暦と世間でいわれる年齢です。

同じ60歳といわれる年齢を毎日体に言い聞かせていることを比べると
もう60歳ととらえた人は肉体にとって毒でありマイナスに作用し。

まだ60歳ととらえた人は、「まだあれもできる」「これもできる」と前向きにいろんな
ことに取り組んでいたに違いありません。

このことは、物事のとらえ方で、目の前の現象は「幸」にも「不幸」にもなるということです。


僕自身まだ、60歳と考えるようにしていると目の前の物事のとらえ方が全然違ってきています。
人生に焦りはおきません、やりたいことが明確になり、一歩一歩突き進むのが楽になり確実に
進めるようになります。

例えば、「美味しい」という概念の前段階に「空腹」という概念が存在します。
同様に「喉が渇いた」という現象がなければ、「喉の渇きが潤せた、嬉しい」という現象は
存在しません。

さらに考えるに「空腹であればあるほど」「美味しさは増加する」。逆に空腹の度合いが小さければ小さいほど
美味しさも小さい。

一年の四季を考えてみましょう。

夏熱ければ熱い程、秋の涼しさが幸せ。
冬寒ければ寒いほど、春の温かさが幸せ。
夏と秋ワンセット、冬と春がワンセットになっています。

何かスポーツをやっていて体のどこかを負傷したとましょう。
当然今までのように練習ができません、時間が経ち心身の痛みが消えると普通に練習が
できるようになります。この、普通に練習ができることが、ただ嬉しいのです。

普通に練習できることに感謝できるのです。

生まれて以来何の問題も起きなかった人が、自由に動くことに感謝しろと言われてもできません。

怪我などが完治する前に「手足が自由に動く」「普通に生活ができる」ことに感謝することが
思えたら、怪我して良かったと思えたら、「人生の怪我も」その人にとって大きな意味を持っています。

怪我に感謝!病気に感謝!

一見不幸に思える現象のお蔭で、人は向上し、成長していくものなんですね!!

こっちも、あっちもありがとう! [日記]

今日の朝も妻は食事を作ってくれていました。。普通の朝の始まりです。
今日はカレーライスをつくっています、朝からありがとうございます。

所でありがとうの本質はというのは「あるがままを全部認めること、受け入れること」
それが「ありがとう」です。

こっちにきてくれてもありがとう、あっちに行ってもありがとう!

その人が持っているものを全部丸ごと認めてあげることができて、受け入れることが
できて「ありがとう」といえるかどうか。

僕は、ついつい人を自分の思い通りにしようとします、そうすると苦しい。


そうではなくて、「そうなってくれてもいいし、そうならなくてもいい。只目の前に
おきることを受け入れる」そんな気持ちになったら、相手に一喜一憂されることも
ありませんし自分が物凄く楽です。

ありがとうといていることで、こちらの波長が相手に伝わり、雰囲気が変わり相手と
つながって結果的にはこちらが「楽しい」と思える状況が展開されるのです。

これは、相手を変えようとしているのではありません。

相手をけるために「ありがとう」というよりもあるがままに「この人はこのままでいい、
僕はただこの人を受け入れて抱きしめていけばいいんだ」と思えることができたら
その瞬間、相手のすべての状況を受け入れています。

過去のすべてを受け入れる。
現在のすべてを受け入れる。
未来のすべてを受け入れる。

と思えたら、悩み、苦しみは消えています。

目の前の現象を受け入れなかったからつらかったのです。どうすれば相手は変わって
くれるるのだろうか、ではなく、この人のすべてを受け入れてみればいい。

そのためには、「ありがとう」の言葉をたくさん使ってみる。

ありがとう・・それだけで楽しい・嬉しい自分に出会えます。

ボケない秘策・日記 [日記]

ボケない秘策日記を書いています。


というか、まだまだ自分の人生に挑戦をしたい。
いろんなことが思い浮かびます、やることなすことがうまく回らない
そんな時には必ず、僕は傲慢の世界にどっぷりつかっています。


神様は、仏様は傲慢なお人が嫌いなようです。

逆に謙虚なお人が好きなようです。

社会的に受け入れられている人、多くの友人がいる人、仕事で多くの仲間に
恵まれている人は皆謙虚です。

傲慢な人はその逆のことが多い。

僕の言う謙虚は今の自分があるのは、自分の力によるものではなく、多くの
友人や知人、目に見えない存在である、神様・仏様・守護霊様・などの御蔭である
と思っているということです。

傲慢な人は大概この逆が多い。

基本的に傲慢と謙虚の分かれ目は自身の生き方が自分でどのように評価をして
いるかにあります。

自信の評価の一つ目は「思い」の部分です。威張らない・怒鳴らない・怒らない。
自信の評価の二つ目は「言葉」常にありがとうを言い続けること。
自信の評価の三つ目は「行為」トイレ掃除をし続けること。

僕は還暦を境にトイレ掃除を始めました、誰にもわからないようにです。
ありがとうとつばやきながらトイレ掃除をしています。

ありとあらゆるものに感謝をする生き方をしていこうと決心をしました。
神様・仏様・守護霊様ありがとうございました。

前の10件 | -
- |2014年03月 |2014年04月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。