So-net無料ブログ作成
検索選択

子供の 甲状腺がんの 症状が見られる

福島県で、新たに子供1人が甲状腺のがん
と診断されましたね。



子供 の甲状腺がんの 症状検査が行われましたね。


 この検査は福島県において、原発事故当時18歳以下 だった子供約37万人対象で甲状腺検査をしています。


一回目の検査では、87人が甲状腺がんと診断されていましたね。



去年昨年4月からは2回目の検査を行いに一回目に「異常なし」だった子ども 1人が新たに甲状腺がんと診断されています。

この検査で、7人が「がんの疑い」と診断されました。



福島県の健康調査検討会は
「内部被ばくの実態を調べ、事故との因果関係を判断したい」

としています。



福島第一原発事故によって住民の健康影響を
検証している環境省の専門家会議は、



子どもたちの甲状腺がんリスクについて継続調査する必要がある

などとする中間報告を取りまとめました。



この中間報告では、原発事故当時、18歳以下だった約37万人を
対象に行われました。




この検査で、あくまでも甲状腺がんと診断された57人について原発事故との 因果関係は「今のところでは認められない」と否定しました。


ただし、がんが発症をしていない人との比較や追跡調査などを通じて、
検査体制を充実させていき検査を継続するべきとしています。


この一方で、検査する対象者の範囲を福島県近隣にも拡大していくか については明確にされませんでしたね。



2回目の検査中間報告を受けて今後環境省は 近隣県にも検査などを拡大していくかを


近くに公表される方針ということです。



福島第一原発事故による県内の子供たちの甲状腺への 人体への影響を調べている環境省は


青森長崎山梨で行った子供たちに
行った甲状腺の検査をした結果を発表しました。




福島原発事故後に福島県で実施された県民健康管理調査においては
約41%の子供たちの甲状腺にしこりが見つかったと
報告されています。



今回の検査対象については、福島県の検査対象と
比較するために、青森県弘前市、山梨県甲府市長崎県長崎市 での3歳から18歳の4500人が対象とされました。



検査の結果、57%にあたる2469人の子供に 小さなしこりが確認されています。



環境省では、しこりが見つかる確率が小さいとされる
0差から2歳児が調査対象になっていないことから


『2つのデータに大きな差はない』と見ています。



また、同省は、原発事故の影響について、今回の
福島県の調査結果や同時に検査された3県の結果を含め
て、『判断できない』としています。


今後の方向性については専門家による
データの補正を行い


今月末にも詳細な結果を発表する予定となっています。


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。