So-net無料ブログ作成

たかじんの嫁さんの評価 [芸能]

yjimage.jpg


たかじん 嫁 裁判


タレントで歌手のやしきたかじんが今年1月に亡くなりましたが


やしきたかじんの遺族が泥沼の抗争に突入しつつありますね。



発端はたかじんの娘Aさん



娘Aさんは11月、たかじんさんの”最後の741日”を32歳年下の 妻さくらさんとの純愛を軸に描いたノンフィクション『殉愛』についてです。




Aさんの名誉棄損などにあたるなどして出版差し止め
を求めるための訴訟を東京地方裁判所に起こしたからです。




訴訟によれば・・・・・・・・・・・・・・・


本書の中で登場するAさんがたかじんやしきさんへ 送ったとされるメールの内容を虚偽だと指摘。



その上に、12月11日発売の「週刊新潮」によれば
たかじんやしきさんの巨額な遺産をめぐって
トラブルにも発展しかねない様子を呈しています。



既にご存知と思いますが、たかじんさんの遺産は8~9億円に上がります。


そのうちの大半は大阪市などに寄付されるそうです。



大阪市などに寄付以外は全額さくらさんへ相続させ
Aさんには相続させないと明記されているそうです。





遺産執行者だったB 弁護士(既に解任)がこれを
(減殺請求権)考慮せずに遺書を作成してしまっているため



娘のA さんは減殺請求権をめぐる訴訟を おこすべきかを、今後判断するべき事態に あるといいます。

「週刊新潮」によれば、遺産総額の中には
やしきたかじんの自宅にあった


『さくらさん用』金庫の1億8000万は 含まれていないそうです。



更に、B 弁護士の解任審判(大阪地裁)で B 弁護士が



やしきたかじんの嫁さくらさんから
『自宅金庫の中の現金は、私のものだったということに
してほしい』


たかじんの嫁さんから相談を受けたそうですね。



この、Bさんの証言内容は陳実書に記載されていますが


たかじんの嫁さくらさんはB弁護士の発言を 嘘だと主張しています。




それから、後も、『週刊新潮』でさくらさんは



主人、やしきたかじんの御嬢さんAは、2年間もの間 一度もお見舞いに来なかったのはどういいうことでしょうか?!


やしきたかじんを探し出す方法はいくらでも
あったはずです。


『女性自身』の記事内で真っ向から
反論していますね。



娘Aさんは、父の携帯に連絡しても返事がなく
やしきたかじんのマネージャーに連絡しても


『今は、誰にも会いたくないといっています』
と言われれいました。




娘Aさんは
やしきたかじんの嫁さくらさんが父を本当に
愛していたならば



たとえ、ちちがなんと言おうと、最後は
家族と会わせようとするのではないでしょうか。


と言っていますね!



更に、やしきたかじんが亡くなった後も
その家族を貶めるような本などは決して書かせないと思います」

ということです。




こうした、トラブル以外にも、やしきたかじんの嫁さくらさんを
めぐっては憶測も含めて、いろいろな疑惑が持ち上がっています。



たかじんさんの嫁さくらさんがたかじんさんの個人事務所に訴訟を起こしたりと あわただしい状況が続いています。


やしきたかじんの嫁さくらさんの評価が真っ二つに
別れていることにいらだちを覚えます。

yjimage.jpg




スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。